KOBE MARITIME MUSEUM
Loaded
Exhibitions & Events
展覧会・イベント
展示会

青山大介・谷川夏樹作品展 神戸みなと物語 アジアのマザーポートへ

2021年10月26日(火)〜 2021年12月12日(日)

神戸海洋博物館では、2021年10月26日(火)~12月12日(日)まで、「青山大介・谷川夏樹作品展 神戸みなと物語 アジアのマザーポートへ」を開催いたします。

展覧会概要

【展覧会名】青山大介・谷川夏樹作品展 神戸みなと物語 アジアのマザーポートへ

【会 場】神戸海洋博物館 2階企画展示室

【日 時】2021年10月26日(火)~12月12日(日)

【時 間】10時00分~18時00分(入館は17時30分まで)

【主 催】神戸海洋博物館

【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日休館)

【観覧料】大人(大学生以上)900円、小人(小・中・高校生)400円

後援:日本郵船株式会社 株式会社商船三井 川崎汽船株式会社 Ocean Network Express Pte.Ltd. 井本商運株式会社(順不同)

写真提供:一般財団法人神戸観光局 神戸海上保安部 国土交通省近畿地方整備局港湾空港部(順不同)

企画:神戸みなと物語アクト/青山大介・谷川夏樹

※その他、団体料金・割引等につきましては、開館時間・料金ページよりご確認ください。
※本企画展は新型コロナウイルス感染拡大の防止策を講じた上で開催いたします。なお、感染症の今後の動向により、イベントの内容を変更または、中止、延期する場合があります。また、館内の3つの密を避けるため、入館者数の制限をさせていただく場合があります。詳しくは当館HPにてご確認ください。

 
Image
    
展示内容

前年秋開催の「神戸みなと物語」シリーズ2回目となる企画展。

兵庫県在住の画家・青山大介と谷川夏樹は、日本におけるコンテナポート発祥の地である神戸港を舞台とした絵本製作と普及をめざす「神戸みなと物語アクト」を展開。

2020年は「栄光の摩耶ふ頭」と題し日本ではじめてコンテナ荷役が行われた時の様子を紹介。

2021年は「アジアのマザーポートへ」と題し神戸港がアジアを代表するコンテナポートへと成長し、その後阪神淡路大震災に直面しながらも復興していく様子を画家目線で表現します。絵本用に書き下ろした絵画作品とあわせて関連資料を展示します。


                     
Image Title

青山大介「港都神戸とコンテナじいさん」©DAISUKE AOYAMA

Image Title

青山大介「摩耶ふ頭バーズアイマップ1968」(部分)

©DAISUKE AOYAMA

Image Title

谷川夏樹「1967年9月 日本で初めてのコンテナ船荷役の様子」(部分)

©NATSUKI TANIGAWA

Image Title

「阪神淡路大震災発生後間もない摩耶ふ頭の様子」

国土交通省近畿地方整備局港湾空港部 写真提供

Image Title

「1970年7月ポートアイランドに第一号のフルコンテナ船シーランド社「PANAMA」が入港する様子」 

一般財団法人神戸観光局 写真提供


特別イベント 作家によるギャラリートーク

本展開催に伴い、青山大介、谷川夏樹による展覧会ギャラリートークを下記の通り開催いたします。

【開催日】  11月3日(水・祝)、11月27日(土)

【時間】   両日とも、午前・午後の2部開催予定です。

       午前の部 11:00~11:30

       午後の部 14:00~14:30

【参加人数】 各部先着10名まで(事前予約不可)

【参加料】  無料(要 入館料)

【参加方法】 各回開始10分前に館内放送にて告知をいたします。指定の場所にお集まりください。

※新型コロナウイルス感染状況に応じ、本イベントは中止となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。