KOBE MARITIME MUSEUM
Loaded
Museum Guide
館内紹介

国際港湾都市 神戸と共に歩む博物館

国際港湾都市「神戸」の歴史はもとより、船や港の仕組みや役割、さまざまな先進技術が投入された船艇の展示を展開。 また、神戸港の開港以来、その歴史とともに歩んできた川崎重工業が企業博物館「カワサキワールド」を隣接展開。

1階 『神戸ポートディスカバリー』

歴史の旅。そして未来へ。


■神戸港 開港150年シアター
神戸海洋博物館を印象づけるシアター。
ロドニー号とエントランスホール全体を使い、ロドニー号が大海原を超えて神戸港にやってくる映像と、神戸港開港から150年のあゆみを感じる2本の映像のプロジェクションマッピングで来館者を包みこみます。


■船の模型航路
所蔵する船の模型を時系列にわかりやすく展示。西洋帆船から今日の客船、貨物船へとつながる船の進化をたどります。


■神戸港 行き交う船たち
神戸港から世界に広がる航路網と港で活躍する船を学ぶ体験型装置や、代表的なコンテナ船やクルーズ客船を描いた大型壁面で船への興味を惹きつけながら、国際貿易港としての神戸港を学んでもらいます。


■海の3Dフォトスポット
海・船・港にまつわる2つのトリックアートを設置し、来館記念となる写真が撮れるフォトスポットもご用意しております。



Image Title
大型壁面



Image Title
メディアテーブル
Image Title
1階 『神戸ポートヒストリー』

先人の知恵と努力に学ぶ。

■神戸港 あゆみとはたらき
神戸港開港から今日までの歴史や神戸港の役割と機能を伝え、操船シミュレーターなどの体験型コンテンツを通じて子どもたちに海 ・船・港の仕事の重要性を理解してもらうことで、未来の海事人材育成につなげます。


Image Title

ガントリークレーンシミュレーター

2本のレバーでガントリークレーンを操作し、船に積まれたコンテナを吊り上げてトラックに載せる体験ができるシミュレーター。ゲーム感覚で遊びながら、クレーンオペレーターの仕事を学びます。

Image Title

神戸港 操船シミュレーター

神戸港を再現した映像の中でクルーズ船を操縦できるシミュレーター。定められたポイントを回り、制限時間内にゴールを目指します。天候や視点などの条件が設定できるため、航海士の仕事をより本格的に体験できます。


Image Title

神戸港のすがたの変遷

開港から今日までの神戸港の変遷を概観するタッチコンテンツ。神戸港がどのように発展してきたのかを時系列で確認できます。

Image Title

体験パズル 知ってなっとく!港のやくわり

パズル形式のタッチコンテンツ。神戸港内の施設が描かれたピースを制限時間内に正しい場所に配置し、その役割を学びます。


Image Title

海・船・港のしごと

「洋上のしごと」「海を守る仕事」「物流を担う仕事」の3つのカテゴリーに分け、働く人々の生の声をインタビュー映像で紹介します。

1階 『講堂』

1階メインエントランスから右側に位置する「講堂」では、港の知育、港や海に関する講演、神戸港に関する会議やセミナーのほか、ボトルシップ教室の開催など、催事・イベントを始めさまざまな企画展・特別展を展開。椅子、テーブルなどは全て可動式のフリーレイアウトなので、利用目的に合わせてフレキシブルに対応できます。ホール周辺には車いすが必要な方や、高齢者、ベビーカーとご一緒のお母さんなどにも安心してご利用いただけるよう「エレベーター」や「多目的トイレ(ユニバーサルシート)」「ベビールーム・授乳室」も装備。

Image Title
講堂


国際交流

これまでに神戸港を訪れた客船や姉妹都市・姉妹港、日本で初めて輸入されたゴンドラとともに歩んできた神戸海洋博物館の歴史など 、神戸港と世界各国の国際交流を様々な角度から紹介します。

2階 『マリタイムシアター』

学びながら、ほっとひと息。

180インチの大型スクリーンと立体音響システムを備える、全33席(車いす席2席含む)のシアター。神戸港の歴史、海・港・船をテーマにしたものを中心に興味深い映像を放映展示しています。開館時間内は常に放映しているので館内展示の順路の途中、観やすいタイミングで鑑賞することができます。「マリタイムシアター」の座席は座り心地も良いので、学びながらの足休めにもどうぞ。大人向け・子供向けの番組で楽しく、わかりやすく構成していますので、ご家族そろってお楽しみください。

Image Title
マリタイムシアター


1階併設 『カワサキワールド』

陸・海・空を楽しく体験。

「カワサキワールド」は、船舶・鉄道車両・航空機・モーターサイクルなどを、日本を始め、広く世界へ向けて最新のテクノロジーを送り出している川崎重工グループの企業博物館。1868年の近代神戸港の開港以来、1世紀以上もの時を共に歩み、造船業から総合重工業へと発展を遂げた川崎重工グループの創業の歴史から、陸・海・空に展開されるテクノロジーの歴史・現在、そして未来を「見て」「触れて」楽しみながら学ぶことができます。

■主な展示内容
・多彩な製品群を約14mの曲面ワイドスクリーンにてダイナミックな映像で紹介する「カワサキワールドシアター」
・カワサキの歴代のマシン・レース車など数多くの実車を展示した「モーターサイクルギャラリー」
・船舶の進水式や新幹線・航空機などができるまでの様子を迫力の3面マルチ映像で紹介する「ものづくりシアター」
・中に入ることができる「0系新幹線」「バートルKV-107Ⅱ型ヘリコプター」の実物展示
・パイロット気分で神戸空港での離発着を体験できる「フライトシミュレーター」
・動きながら特長を紹介する「産業用ロボット」

Image Title
Image Title

Image Title
Image Title
Image Title
屋外展示

未来への遺産。

神戸港を臨むメリケンパークでは、さまざまな観察やデータ採取を無人で行える自立型無人潜水機、三菱重工業(株)神戸造船所で使用されていたトリガーなどを実物展示。また震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に「阪神淡路大震災」で崩れたメリケン波止場の一部を「神戸港震災メモリアルパーク」として保存。併せて当時の被災の状況や復旧の過程、復興計画のあらましなどを、写真パネル、年表、模型・映像などで紹介しています。




Image Title

トリガー装置

船の進水式で船と船台を繋ぐ滑り止め役割を果たす装置です。このトリガー装置は三菱重工業(株)神戸造船所で約60年にわたり使用され、2012年3月9日の進水式で役割を終えたものです。

Image Title

コンテナ船「らいん丸」搭載蒸気タービンエンジン

1971年に三菱重工業(株)神戸造船所で建造された大阪商船三井船舶(株)のコンテナ船「らいん丸」に搭載された船舶蒸気タービンエンジンの一部です。内部の仕組みが見えるように展示しています。

Image Title

自律型無人潜水機「マリンバード」

2000年に川崎重工業株式会社で製造された自律型無人潜水機(AUV:Autonomous Underwater Vehiecle)です。さまざまな観察やデータ採取を無人で行える水中ロボットです。

Image Title

神戸港震災メモリアルパーク

震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に、崩れた状態のメリケン波止場の一部を保存するとともに、神戸港の被災の状況、復旧の過程、復興計画などを写真パネル、年表、模型や映像で紹介しています。パンフレット(PDF)